夏に聴きたい曲 by リン君

宵待ちの花 / 田村ゆかり
(作詞:コトワカナデ 作曲・編曲:田中隼人)

 

銀の旋律、記憶の水音。

銀の旋律、記憶の水音。

 

 

僕は声優の田村ゆかりさんがすごく好きなので、今回は田村ゆかりさんの曲から一曲ご紹介します。『夏』を思わせる田村ゆかりさんの曲は結構ありますが(1stシングルのタイトルなんかsummer melodyだし)、個人的にはこの曲。

夏には色んな側面があると思いますがこの曲から感じられるのは"切ない恋"の夏。最初の方の歌詞で"君"と帰途を共にしてるのでおそらく学生設定?歌声もめっちゃロリかったり逆にめっちゃおっとなーな感じではなく中間くらいな印象。そしてBメロ!切なさMAXメロディ!「落ち込んだ時も振り向けばずっとそばで咲いてくれた」という詞ですが、想い人の存在を花に例えてるんですね。そしてサビに入って感情がほどけていきます。「夏の夕陽が目にしみる まぶた描く宵待ちの花」はぁ。。。好き。。。とか言ってる場合じゃないんですよね。彼が隣にいない夏の夕暮れ時は宵待ちの花をまぶたに描かんかい。

2番はBメロが更に切なくなるし、是非ともフルで聴いていただきたい一曲です。余談ですがこの曲が収録されているアルバム「銀の旋律、記憶の水音。」のジャケットのゆかりんはとっても涼しげな衣装でかなり夏っぽいです。

文:リン君